香川県高松市消化器内科・外科・肛門外科・整形外科 さわ医院

香川県高松市消化器内科・外科・肛門外科・整形外科 さわ医院

〒761-0303
香川県高松市六条町481-1
TEL 087-868-5001
▲Mobile Site 
トップページ»  院長より一言

院長より一言

院長より一言

当院では、胃食道逆流症(逆流性食道炎)、ピロリ菌の検査・診断・治療も行っています。
ご心配に思われた方、気になる方は、ぜひ当院までご相談ください。

当院では、苦痛の少ない鼻から挿入する内視鏡検査を行っています。
院長より一言

鼻から挿入する内視鏡(経鼻内視鏡)とその特長

◆その特長とは
 

特長1.従来の口から挿入する内視鏡と比べ吐き気が少ない検査です。

風邪をひいたときの診察で、舌の奥をヘラみたいなもので押されて「オエッ」となりそうな経験をしたことがあると思います。

これを咽頭反射(いんとうはんしゃ)といいますが、口から内視鏡を入れる場合は、多少なりともこうした咽頭反射が起こります。

ところが、鼻から入れる場合は内視鏡が舌の根元に触れないので、ほとんど吐き気をもよおすことなく検査を受けることができます。
特長1.従来の口から挿入する内視鏡と比べ吐き気が少ない検査です。
 

特長2.検査を行っている最中でも医師との会話が可能です。

口から内視鏡を入れると、口がふさがってしまうために検査中は話ができません。
しかし、鼻から入れる場合は口を自由に動かせますので、検査をしている医師と
 
 「痛くありませんか?」
 「はい、大丈夫です」

というような会話ができます。
気になったことをその場で確認できるので、安心して検査を受けられます。
特長2.検査を行っている最中でも医師との会話が可能です。
 

特長3.比較的体に優しい検査です。

鼻からの内視鏡は鼻腔(びくう)へスプレーをして出血を予防し、ゼリー状の液体を流し込んで局部麻酔を行いますが、鼻の中に注射するようなことはありませんのでご安心下さい。

体への負担も少なく、検査終了後30~60分で水を飲んだり食事をしたり、車を運転することもできます。
特長3.比較的体に優しい検査です。
 

経鼻内視鏡検査の進め方

【Step 1】 問 診

危険を避けるための事前チェックです。

こんなことを聞かれます。

・薬のアレルギーはありますか?
・耳鼻咽喉科の先生から、鼻が悪いと言われたことがありますか?
・鼻血がよくでますか?
・血が止まりにくいことはありますか?
・肝臓が悪いと言われたことはありますか?
・血液をサラサラにする薬を飲んでいますか?

※これらのチェックに当てはまると受診できないこともあります。
【Step 1】 問 診

【Step 2】 前処置 - 消泡剤を飲みます

胃の中の泡を取りのぞき、胃の壁をきれいにするために、消泡剤 ( やや苦目の白い液体です ) を飲みます。

※これは口からの胃内視鏡検査の場合も同じです。

※前処置の方法は病院によって異なります。
あらかじめ、看護師さんなどにご確認ください。
【Step 2】 前処置 - 消泡剤を飲みます
 

【Step 3】 前処置 - 鼻腔に局所血管収縮剤をスプレーします

鼻腔粘膜の血管を収縮させます。出血しにくくするだけでなく、鼻のとおりもよくするために行います。

スプレーは風がシュッと入るような感じで、ほとんど痛みはありません。

※前処置の方法は病院によって異なります。
あらかじめ、看護師さんなどにご確認ください。
【Step 3】 前処置 - 鼻腔に局所血管収縮剤をスプレーします
 

【Step 4】 前処置 - 鼻腔に麻酔薬を注入、局所麻酔を行います

麻酔法は、小さな注射器型の注入器で流し込むタイプとスプレー式のタイプがあり、 病院によって異なります。

局所麻酔ですから眠くなりません。

※前処置の方法は病院によって異なります。
あらかじめ、看護師さんなどにご確認ください。
【Step 4】 前処置 - 鼻腔に麻酔薬を注入、局所麻酔を行います
 

 

【Step 5】 前処置 - 麻酔薬を塗ったチューブを挿入します

細くて柔らかいチューブにゼリー状の麻酔薬を塗り、鼻腔に挿入します。

鼻腔の痛みが抑えられ、内視鏡の通過がスムーズになります。

内視鏡と同じ太さのチューブを使うことが多く、この段階で、実際の内視鏡の挿入感をイメージしていただけます。

※前処置の方法は病院によって異なります。
あらかじめ、看護師さんなどにご確認ください。
【Step 5】 前処置 - 麻酔薬を塗ったチューブを挿入します
 

【Step 6】 挿入 - 鼻からゆっくり内視鏡を挿入します

前処置を行った側の鼻へ内視鏡を挿入します。

この時、違和感はあるものの、ほとんど痛みを感じることはありません。
【Step 6】 挿入 - 鼻からゆっくり内視鏡を挿入します
 

【Step 7】 観察 - 胃の中を観察します

食道、胃、十二指腸の順に観察していきます。

モニターを見て、自分の目でもその様子を確かめることができます。

検査中でも口は自由になっていますから、先生に質問もできます。
 
【Step 7】 観察 - 胃の中を観察します